2013年06月01日

CRUISE CHASER BLASSTY

 タイトルのゲームを知っている人は国産PCである「PC88やPC98」で結構遊んだ人(だと思う)。

 この度エミュを使用しレトロゲームを販売している「アミューズメントセンター」から不多く版ということでBLASSTYをはじめ、下記タイトルがセットで発売になるそうです。

・CRUISE CHASER BLASSTY(PC-9801版、PC-8801版)
・ザ・デストラップ(PC-9801版、PC-8801版)
・WILL -THE DEATH TRAP II-(PC-9801版、PC-8801版)
・アルファ(PC-9801版、PC-8801版)
・ジェネシス(PC-9801版、PC-8801版)

 上記のザ・デストラップ以外はすべてクリアしたなぁ。
 今ではアニメーションは当たり前だけど当時のアドベンチャーで一部とはいえアニメーションをしていた、WILLやアルファはすごかったんですよね〜〜。

 アルファはキャラクターデザインが「いのまたむつみ」氏だったので即効購入しました(笑)。

 PC88/98の時代は正直良かったなぁ。クソゲーと呼ばれるものも多少ありましたが、今ほどじゃないと思います。限られたスペック内でいかにPCの性能を引き出すかとか当時のファルコムやスクエアはすごかったと思います。
 今はなくなってしまいましたが海外RPGを移植していた「スタークラフト」とか好きでした。PHANTASIEやMight and Magic、Ultimaなんかを日本語版でプレイさせてくれたゲーム会社だったんですけどね。

 まーXTAL SOFTやT&E SOFTとか懐かしいゲーム会社まで思い出してしまった。ハイドライド(1〜3まで全てクリア。2は難しかった)や夢幻の心臓(2と3はクリアしたぞ)とかリメイクして出してくれないかなぁ。
タグ:PC-88 PC-98
posted by 亮くん at 15:29 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

PC-8801ゲーム

 久々にプレイすると少しバランスが悪かったり、難しかったりと超懐かしいですね。アドベンチャーが好きだったけど、昔ほど頭が柔らかくないので、なかなか大変。
 ロールプレイングはターン制であれば問題ないけど、攻撃当らないとか、こんなもんだったっけ?みたいな感じです。それでもクリアしているわけなんで、昔はこれが普通だったんでしょうね。

 昔のゲームは決してグラフィックがいいわけじゃありませんが、当時のスペックを最大限に使ったものも多数あって、面白かったですね。グラフィックがよくなければ自分の頭の中で補完とか当たり前だった気がします(ウィザードリーなんてまさにそうですよね)。

 今はもうないゲーム会社もありますが、当時の人がいたらiPhoneなんかに移植してくれないかななんて思います。とは言えそのまま移植したらグラフィックがしょぼい、音楽が詰まらないとかいう人が多そうですが・・・。
タグ:PC-8801
posted by 亮くん at 00:24 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

ProjectEGG>ロードオブパンツァーズ他

■ロードオブパンツァーズ
 1994年にシステムソフトから発売された戦略シミュレーションゲーム『ロードオブパンツァーズ』が復刻!今も尚、高い人気を誇っている名作ゲームだ。 ゲームの特徴として、各ユニットには軍人、政治家、科学者など、歴史上の人物が搭乗し、戦闘を通して成長していくシミュレーションRPGに近いシステムとなっている。 戦闘はシンプルな戦いで、各ユニットには耐久力が設定されており、被弾すると耐久度が減少していく。耐久度が0になると、ユニットが消滅する。戦闘はシンプルだが、戦略面は奥が深くゲーム性は高い。

■エルステディア
 1993年に風雅システムより発売されたアクションRPG『エルステディア』。謎の邪教集団に誘拐された王女エルステディアを救出すべく立ち上がった4人の戦士達。 プレイヤーは4人の中から自由に選ぶ事が出来、2人同時プレイも可能。剣で敵を倒し、盾で身を護り、様々なアイテムを駆使して道を切り開く。イベントも4通りで、4人の主人公達の緊張と感動の物語があなたを待っています。

posted by 亮くん at 14:54 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ProjectEGG>デッドフォース

アマランスシリーズで有名な風雅システムのシミュレーションロールプレイング。物語は亡国の王子が僧兵達に蹂躙された大陸全土を解放していくというもの。時にはコメディが、時には悲しいドラマが、幻想的な世界で展開される。 自ら武具を生産したり、生体融合装置で新たな生命を作り出したりと装備や地形に合わせた味方を編成する事も可能。イラストレーター神村幸子氏の耽美で表情豊かなキャラクターも特徴。

 どっかファンタジー(Phantasie)をWINDOWSでリメイクして出してくれませんかねぇ。もちろん、グラフィックなども今風にしてもらってくれていいんだけど、1〜4までのシリーズを1パッケージで出してくれると嬉しいかも。

 ちなみに、今回発売された「デッドフォース」はまったく知りませんでした(笑)。うーん、1994年だとまだレトロゲームというには新しい過ぎる?
posted by 亮くん at 16:54 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ProjectEGG>夢幻戦士ヴァリスIVとエアーコンバットII

■夢幻戦士ヴァリスIV
 PCエンジン版の『夢幻戦士ヴァリス』がプロジェクトEGGで復刻!「ヴァリスIII」で麻生優子を主人公としたシナリオが完結したため、新たな主人公としてレナが登場。システムは「ヴァリスIII」のものを継承されていて、プレイヤーキャラも3人のなかから選べるようになっている。また『ヴァリスIV』では難度も上がり、攻略する楽しみ方も幅を広げた。グラフィックもより綺麗になって『ヴァリス』シリーズでも高い完成度になっています。もちろんビシュアルシーンも必見です!

■エアーコンバットII
 1991年にシステムソフトより発売された、『エアーコンバット遊撃王II』の続編です。近年のフライトゲームと遜色の無い本格的で完成されたシステムと遊びやすさ、そしてより綺麗になったグラフィックが特徴です。 今回は前作の様なミッションクリア型ではなく、フライトモードでのリプレイをビデオ編集する事に重点を置いた内容。コマ割りやアングル等を考え、さながらプロモーションビデオの様に制作する事も可能です。 魅せるシミュレーターとしての顔を如何なく発揮している一作ですが、もちろん土台となるフライトモードの各ミッションも難易度変更可能でやりごたえがあります。

 9月1日にSoft-CityとAmusement-Centerが統合したらしいのですが、結局何が変わったのかよく分かっていません。
 とりあえず月額315円は相変わらずかかるので、これだけは0円にしてほしかったなぁ。
posted by 亮くん at 18:25 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

ウルティマコレクション

 もう2週間ぐらい前に某中古ショップで、ウルティマ9−アセンションを980円で購入しました。
 で、そういえば1〜8まで一部レトロPCでは持っているものの、抜けているものもあり、ほしいなぁということで某オークションでついつい「ウルティマコレクション」を購入してしまいました。
 未使用で2500円即決だったので即購入(廉価版じゃなくて最初にでた奴ね)。

 一部はエミュレータで動くらしいですが、7と8はDOSモードで動作ということで、XPでは動かないらしい(笑)。しかも7は英語版らしいし・・・さてはて、どうしましょうかねぇ。

 まだインストールはしてないのですが7と8もどうにかXPで動かしたいけど・・・まー、いろいろ調べてみます。
posted by 亮くん at 19:17 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ProjectEGG>SUZAKUとリバイバルザナドゥII発売

■SUZAKU
 1992年にウルフチームから発売された和風ロールプレイングゲームです。 倭の国は大陸騎馬民族の侵入を受け、それまでの勢力図を描きかえる事となる。天獄相争う新たな国生みの神話。古代日本を舞台に、主人公スザクは少年から大人への階段を登っていく。 システムはパーティ制で、固定メンバーの他に傭兵制をとっており、他に誰を連れて行くのもプレイヤー次第。また、戦闘で得られる技能値をプレイヤーが振り分けられ、どんなタイプに成長させるのかも楽しみの一つです。

■リバイバルザナドゥII
 闇の世界に君臨するキングドラゴンを倒すため、10ステージある迷宮を冒険するアクションロールプレイング。 本作、「リバイバルザナドゥ2 リミックス ニューマップバージョン」は1995年に「リバイバルザナドゥ2 リミックス」という名でパッケージ発売され、「リバイバルザナドゥ イージーバージョン」とセットという内容でした。 今作は、「リバイバルザナドゥ」の続編であり、マップなどが追加された当時のザナドゥシリーズ新作というわけです。 新作とはいえ雰囲気はそのまま残っており、ザナドゥシリーズをプレイした方には違和感は無いと思います。逆さつららの恐怖や意図せずカルマを上げてしまい、ポイズンを探しまわるハメに陥る。なんていうシビアな展開ももちろん体験できます。 数あるマジックアイテムを駆使し、武具を鍛え、迷宮からボスを探し出す。度重なる苦難の上にはとても探求心をくすぐられる冒険があり、今回もロールプレイングゲームとは何たるかを教えてくれる作品に仕上がっています。既にプレイした事がある方も未プレイの方にもオススメの一作です。

 ソフトシティとアミューズメントセンターのサービスが統合されるようです。8月28日〜9月1日のメンテナンス後に1つになるようです。EGGとEGG PLUSが先日統合されたばかりで、今後このサービスはどうなっていくのでしょうか? 金額などは一切触れられていないのですが・・・どうなるんだろう。
posted by 亮くん at 00:15 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ProjectEGGから「アマランスIV」発売

 1995年に風雅システムから発売された『アマランス』シリーズ第五弾。アマランスシリーズのテーマである『 愛 』をとことん追求したシナリオが人気を呼んだ作品。舞台はアマランスKHから約600年後、アマランス1から約350年後、アマランス2から約200年後のラングザームの世界。時はKH600年。リアン6世の治世下、シュテラール王国は平穏な時を送っていた。8年前の事件を除いては――。シュテラールの世界に暗い感情が渦巻く時、時の流れを超え物語はまた動き出す!!
 3でお馴染みのフルマウスオペレーション機能を進化させ、文字中心だった表示系をアイコン中心の表示系に変更。さらに初のクォータービュー方式導入による新しいマップスクロールシステムに。広大かつ立体感のあるフィールドが完成しました。また、最大10人のパーティーとシリーズ屈指の大容量のCG・イベントプログラムが見せる戦慄のストーリー展開も見所。風雅システムのPC-98用ゲームのノウハウを結集した一作です。
posted by 亮くん at 06:37 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

ProjectEGGから「夢幻戦士ヴァリスIII」発売

PCエンジン版の『ヴァリスIII』がプロジェクトEGGで復刻! 普通の女子校生だった麻生優子が、ヴァリスの戦士として成長していく過程を描いている。 IIIでは新たにプレイヤーキャラクターが3人に増え、それぞれ特徴の違う魔法を使いこなして突き進め! ヴァリスおなじみのヴィジュアルシーンも健在。見所盛りだくさんです。

 
posted by 亮くん at 22:01 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ProjectEGGから「アマランス3」ほか発売

■アマランス3
 1990年に風雅システムから発売され、独特の世界観とドラマチックなストーリーが人気を呼んだ『アマランス』シリーズの第三弾。1、2とは異なるシナリオが話題を呼んだ作品。 失われたラングザームの地を捨て、新たな世界へと転生した絶対神リアンとディン。彼らは新しい世界で人として過去とは無縁の平穏な日々を送っていた。そんな幸せも束の間、不穏な影が彼らに忍び寄りつつあるのだった――。謎の奇病、突如迫りくる敵、多くの謎をはらみながらリアンとディンの新たな冒険が今始まる!! 戦闘もリアルタイムアクションからターン制のタクティカルコンバットに変更。またキャラのステータスに行動力と体調という新要素も加えられ、リアリティ溢れる戦闘とプレイヤーを選ばない高いゲーム性を持った作品となっています。

■アドバンスド・ロードモナーク
 ゲームの目的は、4つある国のうち1国の君主となって敵の領地を占領していく事です。敵国の3つの国も他の国を占領しようと動き、リアルタイムで繰り広げられていく国取りゲーム。前作のロードモナークより敵国部隊やモンスターの思考アルゴリズムがより賢くなって登場。難易度もアップしてやり応え充分。認定段位も6段から10段までにアップした。
posted by 亮くん at 15:28 | Cmnt(0) | TB(0) | レトロゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする