2016年08月12日

NF40U in XP その後

 普通に使えています。

 ネット環境としてFirefoxもインストールしていますがXPだとちょっと重いですね。特に動画がしんどい。AmebaTVやTVerだけでなくYoutubeなんかも動作が重いです(グラフィックボードがチップセット内蔵のGMA950だしね。一応有線LANでも変わらずなので力不足ですね)。ただ情報を得るだけであれば十分かなぁと。

 Chromeのほうがいいのかもしれませんが、XPは対応していないとのメッセージが常に出るのでうざくてアンインストールしました。サポートが終わっているOSっていうのは重々承知しているけど、このマシンにWIN10なんて無理でしょ(というかそこまでお金をかける意味がない)。

 メインPCで何かしている時にノートPCで調べ物などの使い方ができるので便利ですね。一時期WINタブレットが欲しい時期もありましたがこれで十分です。やっぱりキーボードがないと私には無理(笑)。

 NF40Uはメモリを2GBにしてXPかUbuntuが一番使い勝手がいいかな。Ubuntuは無料だしね。LibreOfficeもあるしね。
posted by 亮くん at 21:28 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

NF40U in XP

 先日VistaにしたFMV-BIBLO NF40UをXPにしました。
 ドライバーなども全て集めデバイスドライバ上では不明なデバイスはありません。
 ちょっと面倒だったのはWindowsUpdateかな。IE6になっているのでIE8にしてWindows Update Agentをアップデートしてなんとかアップデートができました。
 あとはディスクイメージをEASEUS Todo Backup Freeってソフトで作っておけば何かしら不具合が起きてもすぐに戻せます。

 当然ですが付属ソフトは一切入っていません。指紋認証もドライバは入っていますがソフトはないし、DVD視聴も書き込みソフトもなし。
 後は光学ドライブがスーパーマルチドライブになっていますが、読み込みは当然可能、書き込みはCD-RがOKなのでDVD-Rについては別にいいかな(恐らく大丈夫でしょう)。

 HDDはページファイルを消せば4.7GBぐらいに収まりますね。内Windows Update用ファイルが約1GBあります。(使ったアップデートファイルは消してほしい)。XPだけなら3.7GBぐらいかな。Cドライブは55GBぐらい、Dドライブが40GBぐらいでバックアップ専用にしています。

 最後にNF40U XP用のドライバをGoogleドライブにアップしておきます。場合により削除する可能性もありますのでお早めにDLしてください。

補足
・IndicatorUtility(+FUJ02B1).zipはEXEファイル実行とデバイスマネージャーの不明のデバイスのうちのどれか。
・fuj02e3.zipもデバイスマネージャーの不明のデバイスのうちのどれか。
 これら2つはデバイスマネージャーよりドライバの更新だったかでインストールをしてください。
 WirelessはDrivers内のDPInst.EXEをインストールだったかなぁ。その他はSETUP.EXEかEXEファイルをインスールすれOK。
※すみません、試行錯誤してみてください。
posted by 亮くん at 19:41 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

ようやく終了

 ようやくVistaのWindows Updateが終了しました。結局約8時間という時間がかかってしまいました。

 これでNF40Uの添付ソフト「マイリカバリ」でバックアップを取って、XPにする実験ができるというものです。
 そのマイリカバリですが、Vista上で動作するのかと思いきや再起動して専用モードで起動しバックアップを取るようになっていました。そのためDドライブに空きがないとマイリカバリ自体が使えません。最初にDドライブを少なくしてしまったのでパーティーションを切りなおしてDドライブを増やしました。後はDVDにバックアップを取ればいつでもVistaに戻れるというわけです。

 今日時間があったらXPをインストールしていきたいと思います。
posted by 亮くん at 19:32 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows Update for Vista

 ネットに掲載されている、WinUpdateサービスなどの終了やSoftwareDistributionフォルダ内の一部データの削除などを行いましたが、24時間放置しても結局アップデートが始まらず。

 再度検索をしてみたところ、KB3168965を手動でインストールしたらいいという情報を得たので早速ダウンロードをしてインストールをしてみました。ついでにSoftwareDistributionフォルダ内の一部データの削除も行い再起動。
 今のところsvchost.exe(netsvsc)のCPU100%使用がなくなり、SoftwareDistributionフォルダ内のデータを再度確認するようになりました。

 今までとは明らかに動作が違いはするもののまだ「更新プログラムの確認しています」なのでどうなるかはわかりませんが。

 なんでこんなに苦労しなきゃいけないんでしょうかねぇ〜。更新プログラムの一覧のデータベースをWINDOWS内部にもって、アップデートサーバーのデータベースと比べて、ない奴をインストールするじゃいけないの? 一体全体なにを検査しているのかって思います。

 とりあえずVistaが完全体になったら一度バックアップを取ってXPにしたいと思っています。ドライバなどはネットで探しまくって何とかするしかありませんが、指紋やカードリーダーなどは最悪なくてもいいかなぁと。基本的な部分とネットワークさえあればなんとかなるっしょ。

 とにかくしばらく放置。面倒なOSだなぁ、WINは。
posted by 亮くん at 11:48 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

久々のWindows Update for WIN7

 Win10にアップデートしたくなくて、ずっとWIN7のWinUpdateをOFFってました(笑)。いちいち何かしら対処してWin10に対抗するのは面倒だったしね。

 Win10にすればいいのにという声もありそうですが、アプデすると起動しないソフトがあり、それを切り捨てるには新たに買い直さないといけないわけでして、そんなお金がないってなればOFFるしかないんですね。

 そんなわけで久々にWindows Updateをしているのですが「更新プログラムの確認」が終わらないし、終わったと思ったら「更新プログラムをダウンロードしています」が0%から進まないし・・・いったいWindows Updateはどうなっているの?
 もう少しスマートなアップデートはできないのか!って思います。しかもアップデート用ファイルは用が済んでもそのまま放置されているし(下手したらGB単位になっていますよ)。

 こんないい加減なOSというのはいかがなものなの?
 だったらMacOSかLinuxにしろよって声が聞こえてきそうですが、人それぞれ使わざる得ない理由もあるのでそういうことはいわないようにね(笑)。

 とりあえず今のところ放置が一番みたいなので放置していますが、一体いつ終わるのやら。

 そして、NF40UもVistaSP2まで入れたらそんなにWindows Updateはないだろうと思ったら、これまた確認がおわりゃぁしね〜。CPU使用率100%に張り付いたままだから何もできないし、これまた放置ですよ。下手したら24時間以上かかるんじゃないのかなぁ。

 って文句を書いていたらいつの間にかダウンロードが終わったらしくアップデートが始まりました。というか、0からいきなり100%になったってこと? なんのために%表示があるんだよ。そのうち再起動されると思うのでブログ更新して待機します。
posted by 亮くん at 17:16 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

NF40U in Vista

 Ubuntu16を削除してVistaに戻してみました。
 標準メモリ512MBから2GB(2048MB)に増設しているだけあって、以前よりは早い感じがします。とは言え、複数のことを一度にしようとすれば、さすがに遅いですけどね。

 後はひたすらダイエット中(不要なソフトは全部削除)です。富士通は特に不要なソフトが多数入っているので不愉快で仕方がありません。最近はメーカー製PCを購入していないのでよくはしりませんが、わけのわからないソフトをプリインストールするのは止めて欲しいものです(リカバリ時には選択出来る物はすべて「選択せず」にしませてもまだ不要なソフトがあります)。

 再起動を何度かしていますが、やっぱりUbuntuと比べると起動時間が果てしなく遅い。これは仕方がないのかもしれないけど、早くしようという気持ちはないのだろうか?

 そしてSP1/SP2/重要アプデ5/IE9まで済ませてしまいました。これで後はWindows Updateに任せてしまいましょう。ちなみにこれらはデスクトップでDLしてNF40Uにもっていきました。恐らく普通にアプデするよりはよっぽど早いはずです。

 少しの間Vistaを使ってみようかなと思っています。Ubuntuもいいのだけど、他に軽いLinuxディストリビューションがあればそれらも考慮したいと思います。
posted by 亮くん at 15:20 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubuntu 16.04 LTS にアプデ

 快調に動作しているUbuntuが16.04 LTSにアプデできるというので早速してみました。

 Ubuntu上からアプデを実施しましたが、結構な時間がかかりました。深夜1時ぐらいに始めて、3時ぐらいに終わっていなくて、眠いのでそのまま放置。正確な時間はわからなくなりましたが、結構な時間がかかったということで。データはそれほどなかったので一からインストールしたほうが多分早かったかな。

 内部的には色々変わったみたいですが、使用感はほとんど変わっていません。
 ただ、Ubuntuソフトウェアセンターが「Ubuntu Software」に置き換わっていました。前に比べると完成度がひくいというか、ソフトの一覧がでるわけでもなく、これでどうしろというのかといった感じ。
 一応ソフトウェアセンターは残っているのですが、挙動が少しおかしいかな。調べてみたら、Ubuntu Softwareからソフトウェアセンターをインストールしたほうがいいみたいな事がかいてありましたが出来ない。

 これはアップデートするよりも一からインストールしたほうがいいのかもしれませんね。しかもバグも結構多いらしいので注意が必要です。

 最初からインストールしなおすのであれば、一度Vistaに戻してみるのもいいかもしれませんね。2GBでどのくらい早くなったのかを確認してみたいですし(一番いいのはXPなんですよね。軽いし。ただドライバ関係がすでに見つからない)。

 今日は幸い休みなので少し挑戦してみます。
posted by 亮くん at 08:30 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

Ubuntu インストール

 メモリが届いた日にUbuntuをインストールしてみました。
 最初からLibreOffice(CalcやWriter)やFirefoxもインストールされ、すぐに使えるようになるのは便利ですね。

 とりあえずFirefoxは最新版に変更しました。LibreOfficeはver.4が入っていますが、そのまま使うよりもアップデートしたほうがいいです(アップデート方法はこちらを参照)。
 アップデートはターミナル(端末)から入力するわけですが、CTRL+ALT+Tで起動しますので、そのまま参照先にあるコマンドを入力すればOKです。コマンドの間にはメッセージが表示されたり、ダウンロードがあったりします。場合により時間がかかりますので注意が必要(最新版にアップデートされるみたいなので安定版が必要な場合は別途探してみてね)。

 WINタブレットが欲しかったのですが、古いノートPCがあればメモリを2GBにしてUbuntuを入れれば十分代用がきくんじゃないかと思います。もちろん持ち運びは考えていませんので単純にサブPCでWINタブレットにしてみたい、でも持ち運びはしないって人向けですけどね。

 ソフトに関してはUbuntuソフトウェアセンターというソフトからインストールできます(ただ、このソフトは廃止される可能性があるようです)。
 またゲームはSTEAMもあり、一部のソフトはインストール可能ですから、ベースとなったPCがある程度高性能であれば3Dゲームも可能ということになります(まぁ、ゲームをしたい人は最初から高性能WIN PCを買った方がいいですけど)。

 Ubuntuはあくまでネット、簡単な文章、表計算などをするためのものだと割り切れば十分すぎるほどの性能を発揮できるかと思います。Linuxをもっと勉強すれば活用の場はもっと広がると思います。

 古いPCが余っている人は一度Ubuntuをインストールしてみてはいかがでしょうか? 便利なPCが1台増えると思いますよ。
posted by 亮くん at 09:42 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

メモリ到着!

 早速NF40Uに装着(このメモリ(1GB×2/DDR2 533MHz/PC2-4200)を購入)。きちんと2GBを認識しています。これで1750円なので文句なし。

 まずはChromiumOSから。メモリの使用率はメモリが多ければ多いほど増えるようで2GB中40%(800MBほど)が使用中になっていました。その代わりキビキビ動くようになった気がします。ただ音がならないのは治らず。メモリがどうのとかいう話じゃないみたいですね。本当に原因不明。一回出るようになっただけに本当に残念。

 次にUbuntuをLiveCDで試してみました。まずメモリが増えたことによりディスクアクセスがかなり減り、こっちは超キビキビ動くようになりました。ネットもすぐに繋がり、FirefoxでYouTubeにアクセス。普通に音は出てるし・・・これはUbuntuをインストールしたほうがいいんじゃね?Office関係も互換ソフトが入っているっぽいしChromiumOSよりは使い勝手がいいかもしれませんね。

 というわけで早速OSを入れ替えてみたいと思います。古いPCをいかに活用するかだし、せっかく動作するなら色々なことが出来ることが大事です。そういう意味ではUbuntuのほうがいいのかもしれませんね。

 どのOSもメモリは最低1GB、載せれるなら2BGは必要みたいですね。
posted by 亮くん at 12:08 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubuntu

 NF40Uを色々試してみたく今度はUbuntuを試してみようと思っています。

 というかLiveCDでは試してみたのですが、DVDアクセスが多くて使いものになりません。メモリが少ないのも影響しているのかどうか不明ですが、実機にインストールしてみないとわかりませんね。とりあえずメモリが届き2GBにできたら試してみようかと思います。

 Chromium OSも悪くはないのですが、ブラウザ上でアプリが動く仕様なので動作が遅い気がするんですよね。もちろんメモリが少ないのもありますけど、WINやMACに慣れていると不便に感じます(オンラインでないとアプリが使えないのでネットがない環境だと基本的に本領発揮できません。一応オフラインで動くアプリも多少あります)。
 Excel Onlineなども試してみましたが、起動も遅いし、動作も遅いので使いものになりませんでした。とは言え中スペックマシン以上なら問題ないかもしれません。

 最初に試したAndroid 4.4 for X86版もメモリ2GB環境であればもっと快適に使えるかもしれません。ただ当方の環境ではエラー吐きまくりだったので再度インストールしようという気にはなりません。またタブレット/スマホ操作に最適化されているのでマウスでの操作にはちょっと違和感を感じたかな。

 時間があればVistaにも戻してみたいとは思いますけど、前回再インストールしたときに滅茶苦茶時間がかかったこともあるので、時間だけでなく気持ちに余裕がないと辛いかな。余っているXPがあればいいのだけど、NF40Uのドライバを探すのも大変だし・・・難しいですね。
posted by 亮くん at 09:21 | Cmnt(0) | レビュー(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする