2018年05月17日

あおり運転

 社会的に問題になっています。

 ちょっとしたことでキレてあおり運転をする人もいるでしょうが、あおり運転をされた側の横着な割り込みなどに対してあおり運転をしてしまう人もいることと思います。もちろん、それはダメなんだろうけど、タイミングが悪ければ衝突してしまいます。車の損傷で済んだとしても、ぶつかったほうが分が悪くなるのが現状。

 何が言いたいかといえばあおり運転だけに注目するのではなく、なぜその行為に至ったかをもっと掘り下げ、相手に非はなかったのかもしっかりと確認する必要があるかと思います。もちろん、あおり運転をしたほうも罰せられますが、相手が危険な運転をしていたのであれば相手も罰するべきだと思います。

 そうしないと無茶な運転をする人も出てくるかもしれませんから。
 何事でもそうですが一方向だけでなく全面からその事案について考えるべきではないかと思います。
posted by 亮くん at 11:06 | Cmnt(0) | 近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。