2013年01月10日

ブリンク・オブ・コンシャスネス

iPhone_Consciousness1.jpg

 「Brink of Consciousness(ブリンク・オブ・コンシャスネス:ドリアン・グレイ症候群)」の紹介です。
 とある連続誘拐事件についての記事を手がけたジャーナリストのサム。まさかそれが悲劇の始まりになるとは思いもしなかった…サムの恋人、アンナが突然姿を消した。誘拐犯からの脅迫状に従い犯人が住む邸宅へひとりで向かったサムだが、予想だにしなかった悪夢のような光景に愕然とする。果たして手遅れとなる前にアンナの命を救うことはできるのか!?

 ちょっとホラー系のアドベンチャーとなっています。演出なども怖がらせるような形となっており気の弱い人は要注意(スプラッターではないのでそこまでじゃないけど)。
 グラフィックはとても綺麗でとてもホラー系には見えませんが、全体的に暗いためちょっと見にくいです。そのためアイテムがある部分が気づきにくいかな。とはいえ必要アイテムは通常シーンにもあるためあらゆる部分をタップするのはこの手のゲームの常套手段。
 アイテム探しは複数工程を踏むものもあります(探すアイテムに色がついているのでわかります)。その他パズルはちょっと難しいものから簡単なものまであります。緩急があるので飽きがこないかな。

iPhone_Consciousness2.jpg

 一番残念なのは移動に時間がかかること(いちいちロード時間がかかる)。結構アイテムを求めてあちこちに移動しないといけないため、このロード時間が長いというのは結構気になります。
 それとたまに長めの文章が表示されますが、この文字が小さく読みにくいことかな。上部に小さく表示せずとも画面全体にもう少し大きめの字で表示してくれたほうがいいかと(iPhoneだから余計にそう思います)。
 後AppStoreのレビューでは反応が遅いとありましたがiPhone4Sではそこまでの遅さは感じませんでした(3GSだと遅いかもしれませんが)。とはいえストーリーに引き込まれるのでついついプレイしてしまいます。

 最後にヒント(攻略)はこちら(英語サイト)にあります(ほぼ答えです)。
タグ:iPhone bigfish
posted by 亮くん at 00:43 | Cmnt(0) | TB(0) | 携帯アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック